topimage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   つるし雛(11)

   店内にございます、
   つるし雛の紹介をしていきたいと思います。

      190.jpg

   長女の初節句に無病息災
   良縁を祈願して雛壇の両脇に細工を吊すもの。

   と、記されております。

   吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。
   その頃、特別裕福ではない一般のお家では
   雛人形はとても高価なもので
   なかなか手に入らないものでした。

   だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。
   だから、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちまで、
   みんなで少しずつ小さな人形をつくり
   持ち寄って「つるし雛」が作られ始めました。

   みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「つるしびな」
   赤ちゃんの大事なお守りとして、とても大切にされました。

   
   その飾りのひとつひとつには意味があります。

      475.jpg

   鳩(はと)
   「神の使い」、または「平和の象徴」といわれる縁起のよい鳥。
   また、「鳩はむせない」ことから
   赤ちゃんがお乳をよく飲み
   元気に成長しますようにと願って飾られます。

      476.jpg

   草履(ぞうり)
   早く歩けるようになりますように。
   健脚健康になり働き者になれるお守りとして。

   また、
   つるしの漢字表記「吊るし」は、
   縁起物には不適当なため推奨されない。

   飾りの数は3・5・7・9などの奇数で組み上げられ
   この理由は縁起物であるため
   割り切れる数字(偶数)を避けてのことです。

   いろいろな意味を持つつるし雛です。

   また、紹介していきたいと思っております。

    
   春の作品展を4/27(土)まで展示しております。

   8人の先生たちの作品が
   店内中に並べられております。

   値札がついているお品物は販売しております。
   お気に入りの子が見つかりましたら、
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
スポンサーサイト

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

プロフィール

okayamahonoka

Author:okayamahonoka
≪ランチカフェ穂の華≫
(ほのか)
岡山の西大寺で、
おうちカフェを始めました。
店内には、
手作り作品がたくさん♪
不定期に
ギャラリー展示をしています。

営業時間:11:30~15:00
   ランチタイム 14:00まで
  (オーダーストップ13:30)
水曜日のみ12時から。
定休日:日・祝・月・火
住所:岡山市東区西大寺南
    2丁目13-32-3
電話:070-5671-2869

店内に5卓ございますので、
ご予約いただければ
お席の確保をさせていただきます。
ご了承くださいませ。

ご来店くださいますお客さまは
電話にてご確認くださいませ。

月別アーカイブ

閲覧ありがとうございます

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。