topimage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   店内ディスプレイ


   ランチカフェ穂の華がOPENして、
   もうすぐ1年になります。

   店内を彩ってくれるお品物を
   少しずつ配置換えしてきました。

   その様子を紹介していきたいと思います。

      448.jpg

      449.jpg

      456.jpg

      452.jpg

      450.jpg

      454.jpg

      451.jpg

      455.jpg

      453.jpg

   お客さまのお目に触れさせていただき
   小物たちも楽しませてもらいました。

   またこれからも少しずつですが
   換えていきたいと思っております。

   再度ご来店いただけますように☆
   新しくご来店くださいますお客さまにも
   楽しんでいただけますように☆

   来週4/3(水)~4/27(土)まで
   春の作品展を催す予定にしております。

   7人の先生たちの品々がたくさん並べられます。

   お写真が撮れましたら
   UPしていきたいと思います。

   どうぞ、お楽しみに☆

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      


スポンサーサイト

   おひな展(10)

   
   ご好評いただきました
   おひな展は明日までの展示となりました。

   載せきれていないお写真を
   ご紹介していきたいと思います。

      442.jpg

   座り雛です。

   お雛さまの髪を一針一針縫うのですが、
   すごく繊細で難しいそうです。

      443.jpg

   ねこさんのお内裏様とお雛さまです。      

      444.jpg

   巾着雛です。

      445.jpg

   つるし飾りです。

      441.jpg

   うさぎさんのお内裏様とお雛さまです。

      446.jpg

      447.jpg

   多くのお客さまのお目に触れて
   お雛さまたちも喜んでいると思います。

   また来年、皆さまに会える日まで。。。
   ありがとうございました。
   
   来週4/3(水)~4/27(土)まで
   春の作品展を催す予定にしております。

   7人の先生たちの品々がたくさん並べられます。

   お写真が撮れましたら
   UPしていきたいと思います。

   どうぞ、お楽しみに☆

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

theme : ハンドメイド雑貨*イベント*
genre : 趣味・実用

   つるし雛(10)

   つるし雛の紹介をしていきたいと思います。

      190.jpg

   長女の初節句に無病息災
   良縁を祈願して雛壇の両脇に細工を吊すもの。

   と、記されております。

   吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。
   その頃、特別裕福ではない一般のお家では
   雛人形はとても高価なもので
   なかなか手に入らないものでした。

   だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。
   だから、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちまで、
   みんなで少しずつ小さな人形をつくり
   持ち寄って「つるし雛」が作られ始めました。

   みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「つるしびな」
   赤ちゃんの大事なお守りとして、とても大切にされました。

   
   その飾りのひとつひとつには意味があります。

      439.jpg

   三番叟(さんばそう)です。
   
   伝統芸能の1つで、
   縁起が良くおめでたい出し物。
   足拍子には農事にかかわる地固めの。
   鈴ノ段では種まきを思わせる所作があります。
   五穀豊穣を願い「食べ物に困らないように」との
   祈りが込められています。
   また、無病息災、家内安全、商売繁盛などの祈りも
   込められています。

      440.jpg

   おかたごろ です。
   
   「おかた」は高貴な人のこと。
   つるし雛で有名な「静岡県稲取地区」では、
   花嫁姿や晴れ着の装いの人を「おかた」と呼びます。
   将来良い家柄のところへ嫁いでほしい。という
   娘の幸せを願って飾られます。

   また、
   つるしの漢字表記「吊るし」は、
   縁起物には不適当なため推奨されない。

   飾りの数は3・5・7・9などの奇数で組み上げられ
   この理由は縁起物であるため
   割り切れる数字(偶数)を避けてのことです。

   いろいろな意味を持つつるし雛です。

   また、紹介していきたいと思っております。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   今週のランチ

 今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      438.jpg
   
   ◎白菜の中華風お漬物
   ◎烏賊チャプチェ
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎キャベツとちくわの梅和え
   ◎南瓜とアボガドのサラダ
   ◎じゃがいもの酢の物
   ◎こんにゃく・厚揚げ・大根の柚子味噌焼き
   ◎車麩のフライ
   ◎里芋・蓮根・山芋のフライ
   ◎はんぺんチーズしそ挟みフライ
   ◎黒米のご飯
   ◎とろろ昆布のお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご了承くださいませ。

   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

   バナナケーキと黒豆のジュレです。
      
   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

   穂の華のお膳ランチには、
   黒米を提供させていただいております。
   
      385.jpg

   黒米は糠にビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)
   リン・カルシウムなどのミネラルを含み
   摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれ
   白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つ。

   と、されております。

   黒米が苦手な方は、
   ご予約時にお申し付けくださいませ。
   白米をご用意させていただきます。

   毎日炊きたてをご提供させていただいておりますので、
   急な変更に対応しておりません。
   大変申し訳ありません。   

   ご理解いただけると幸いです。

   4/3(水)~4/27(土)まで
   春の作品展を催す予定にしております。

   7人の先生たちの品々がたくさん並べられます。

   お写真が撮れましたら
   UPしていきたいと思います。

   どうぞ、お楽しみに☆

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

theme : お店紹介
genre : グルメ

   おひな展(9)

   3月まで催しております、
   おひな展を紹介していきたいと思います。

      433.jpg

   巾着雛です。
   三人官女さんたちです。
      
      432.jpg

   お内裏様とお雛さまと3人官女さんたちです。

      434.jpg

   陶器のお雛さまもございます。

      435.jpg

   立ち雛です。
   
      436.jpg

   前に飾られている小物も手作りです。

      437.jpg

   おひな展に展示されているお品物で
   お値段がついている子は
   販売しております。

   お気にいりの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   和暦(太陰太陽暦)の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)
   現在はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。
   しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、
   新暦4月3日に祝う。
   旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。

   この地域は4月3日に行うところが多いため
   穂の華でもその頃までの展示とさせていただきました。

   おひな展は3/30(土)までの展示となります。
   
   4/3(水)~4/27(土)まで
   春の作品展を催す予定にしております。

   7人の先生たちの品々がたくさん並べられます。

   お写真が撮れましたら
   UPしていきたいと思います。

   どうぞ、お楽しみに☆

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   新しいお仲間さんたち


   店内に新しいお仲間さんたちが出演してくれています。
   ご紹介していきたいと思います。

      428.jpg

   竹馬人形さんです。

   細やかに作られております。

      429.jpg

   こちらは、カエルさんです。

      431.jpg

   袋から出して、座らせる形になります。

   少し中身が重くなっております。

   値札がついているお品物は販売しております。
   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   4/3(水)~4/27(土)まで
   春の作品展を催す予定にしております。

   7人の先生たちの品々がたくさん並べられます。

   お写真が撮れましたら
   UPしていきたいと思います。

   どうぞ、お楽しみに☆

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      427.jpg
   
   ◎茎わかめの中華風味和え
   ◎烏賊じゃが
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎菜の花の山芋和え
   ◎人参とグリーンリーフのサラダ
   ◎大根ナムル
   ◎白菜とベーコンのパングラタン
   ◎蓮根としいたけの酢の物
   ◎車麩、しそかぼちゃのフライ
   ◎黒米のご飯
   ◎わかめのお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご了承くださいませ。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

   穂の華のお膳ランチには、
   黒米を提供させていただいております。
   
      385.jpg

   黒米は糠にビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)
   リン・カルシウムなどのミネラルを含み
   摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれ
   白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つ。

   と、されております。

   黒米が苦手な方は、
   ご予約時にお申し付けくださいませ。
   白米をご用意させていただきます。

   毎日炊きたてをご提供させていただいておりますので、
   急な変更に対応しておりません。
   大変申し訳ありません。   

   ご理解いただけると幸いです。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   塩麹漬け

   塩麹漬けのレシピを紹介していきたいと思います。

      426.jpg

   こちらは、丸大根と人参の塩麹漬けです。

      425.jpg

   こちらは、白菜の塩麹漬けです。

   どちらも、
   食べやすい大きさに切り
   塩麹で漬けます。

   昆布だしを振りかけて出来上がり♪

   すごく簡単なのに、
   すっごく☆美味しいんです^^b

   塩麹は、
   麹と塩と水を混ぜて発酵・熟成させた
   日本の伝統的な調味料です。

   お漬物以外でも
   肉や魚を漬けると
   食品中のデンプンやタンパク質が
   糖やアミノ酸へと加水分解され、うまみが増す。
   といわれています。

   ぜひお試しくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      



   

   お人形さんたち


   店内にございます、
   お人形さんたちを紹介していきたいと思います。

      423.jpg

   布で作られており、
   ちょこんと座る形になっております。

      424.jpg

   だるま人形さんです。

   だるまとは、
   魔除けとして子供に与えられ
   玩具として使われていました。
   現在では縁起物として重宝されています。

      421.jpg

   こちらも布で作られたお人形さんです。

      422.jpg

   値札がついているお品物は販売しております。
   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   つるし雛(9)


   つるし雛の紹介をしていきたいと思います。

      190.jpg

   長女の初節句に無病息災
   良縁を祈願して雛壇の両脇に細工を吊すもの。

   と、記されております。

   吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。
   その頃、特別裕福ではない一般のお家では
   雛人形はとても高価なもので
   なかなか手に入らないものでした。

   だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。
   だから、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちまで、
   みんなで少しずつ小さな人形をつくり
   持ち寄って「つるし雛」が作られ始めました。

   みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「つるしびな」
   赤ちゃんの大事なお守りとして、とても大切にされました。

   
   その飾りのひとつひとつには意味があります。

      419.jpg

   さくらです。

   お雛様にはかかせない左近桜。
   事の始まりを祝いその永続を願い
   栄誉をたたえる木といわれます。
   
   桜の花、葉の甘い香りは
   美しくやさしい心を育むとされています。

      420.jpg

   ほおずきです。

   子供や女性のお守り。
   実や根に薬効があり、婦人病に悩まされないように
   との願いが込められています。

   また、「ほうずきちょうちん」ともいわれ
   この世を明るく照らし困難なく生きていけるように
   との意味もあります。
   
      418.jpg

   お花です。

   花のように可愛く育ちますように。
   吊るされたお人形の間に配置されるなど
   「吊るし雛」をより華やかに演出します。

   また、
   つるしの漢字表記「吊るし」は、
   縁起物には不適当なため推奨されない。

   飾りの数は3・5・7・9などの奇数で組み上げられ
   この理由は縁起物であるため
   割り切れる数字(偶数)を避けてのことです。

   いろいろな意味を持つつるし雛です。

   また、紹介していきたいと思っております。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      417.jpg

   ◎白菜の塩昆布和え
   ◎青梗菜の新芽とわけぎ、もんご烏賊のナムル
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎丸大根と人参なます
   ◎さつまいもとじゃがいもと金時豆のサラダ(カレードレッシング)
   ◎筑前煮
   ◎牡蠣バジルソース&車麩ゆず味噌のチーズ焼き
    (玉ねぎ・ぶなしめじ・かぼちゃ・パプリカ)
   ◎もずくこんぶ
   ◎黒米のご飯
   ◎お花麩と春菊のお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご了承くださいませ。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

   穂の華のお膳ランチには、
   黒米を提供させていただいております。
   
      385.jpg

   黒米は糠にビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)
   リン・カルシウムなどのミネラルを含み
   摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれ
   白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つ。

   と、されております。

   黒米が苦手な方は、
   ご予約時にお申し付けくださいませ。
   白米をご用意させていただきます。

   毎日炊きたてをご提供させていただいておりますので、
   急な変更に対応しておりません。
   大変申し訳ありません。   

   ご理解いただけると幸いです。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   おひな展(8)


   3月まで催しております、
   おひな展を紹介していきたいと思います。

      414.jpg

   お雛さまではないのですが、
   おじいちゃんとおばあちゃん♪
   
      415.jpg

   ほんわかにっこり笑顔が素敵ですね◎

   お着物を合わせてありますので、
   2体SETのお品物となります。

      416.jpg

   ちょこんと出ている手も可愛いです^^*

   おひな展に展示されているお品物で
   お値段がついている子は
   販売しております。

   お気にいりの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   和暦(太陰太陽暦)の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)
   現在はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。
   しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、
   新暦4月3日に祝う。
   旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。

   この地域は4月3日に行うところが多いため
   穂の華でもその頃までの展示とさせていただきました。

   おひな展での個々のお写真も
   また載せていきたいと思っております。   

   
   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   お花さんたち


   店内にございます、
   お花さんたちを紹介していきたいと思います。

   穂の華に新しくお仲間が増えました♪

      411.jpg

   お花さんたちです。

   色とりどりの布から作られており、
   茎と葉にはワイヤーが入っております。

      412.jpg

   たくさんを飾るのも一輪挿しにするのも
   お部屋に合わせてできますね◎

   こちらは、柿です。

      413.jpg

   大きな松ぼっくりさんと一緒に飾ってみました^^

   こちらも布で作られております。

   縫い物ができないブログ担当者は
   オレンジ色だけが柿と思っておりましたが
   どの布色でもこのように可愛く変身するのですね☆

   作られる方の想像力と創作力にいつも驚かされます。

   値札のついているお品物は販売しております。
   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   ゆかり大根サラダ


   ゆかり大根サラダのレシピを
   紹介していきたいと思います。

      409.jpg

   ≪作り方≫

   大根を細千切りにする。

   塩を軽くふり、2~3分放置。

   水でよく洗い、塩を落とす。

   水気をよく絞ります。

   ゆかり、昆布だし、マヨネーズで和える。

   できあがり♪

      410.jpg

   調味料は極力少なめでだいじょうぶです。

   見た目にも爽やかですが
   食してもさっぱりで、でも美味しくて◎
   箸休めにピッタリです。

   簡単にできますので
   いつもの食卓に加えてみてはいかがでしょうか^^


   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   におい袋さんたち


   店内にございます、
   におい袋さんたちを紹介していきたいと思います。

      406.jpg

   匂い袋(においぶくろ)香り袋(かおりぶくろ)
   常温で香りを発する香料を詰めた布袋のことです。   

      405.jpg

   日本の伝統的な匂い袋には
   白檀、丁字、桂皮、龍脳、大茴香と
   いった香料の粉末が使われます。

   中でも白檀や丁子は防虫効果が高く
   そちらを主とした「防虫香」と
   呼ばれるものも市販されています。

      407.jpg

   穂の華のにおい袋さんたちは、
   白檀を使用しております。

   他にも
   心と体をクリアーにしてくれるアクアマリン。

      408.jpg

   鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などに
   効果があるとされるラベンダーもございます。

   袋の布も様々で、
   絹、正絹などございます。   


   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      



   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      404.jpg

   ◎カブと人参の塩麹漬け
   ◎もやしのナムル
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎白菜と水菜の酢の物
   ◎コールスローサラダ(ナッツドレ)
   ◎南瓜と切りこぶの煮付け
   ◎さつまいもとじゃが芋のチーズ焼き
   ◎もずくこんぶ
   ◎車麩の甘酢煮込み
    (豆乳タルタル添え)
   ◎黒米のご飯
   ◎飾り麩とそうめんのお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご了承くださいませ。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

   穂の華のお膳ランチには、
   黒米を提供させていただいております。
   
      385.jpg

   黒米は糠にビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)
   リン・カルシウムなどのミネラルを含み
   摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれ
   白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つ。

   と、されております。

   黒米が苦手な方は、
   ご予約時にお申し付けくださいませ。
   白米をご用意させていただきます。

   毎日炊きたてをご提供させていただいておりますので、
   急な変更に対応しておりません。
   大変申し訳ありません。   

   ご理解いただけると幸いです。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      





   つるさんたち


   穂の華お膳ランチの名脇役☆
   つるさんたちを紹介していきたいと思います。

      386.jpg

   箸置きに使用しておりますのは
   折り紙で折られた鶴さんです。

      387.jpg

   最近、折り紙もいろいろなお色と模様で
   折った時に鶴の顔や羽になってくれます。

      403.jpg

   首が長いと白鳥。
   中くらいですと鶴。
   短くなりますと水鳥。

   ↑勝手にそう思っているだけなのですが^^;

   目でも楽しんでいただけますように☆

   お食事後、一緒に折らせていただくこともできます。
   折ってみたい方はお気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   ごぼうと水菜のサラダ


   ごぼうと水菜のサラダのレシピを
   紹介していきたいと思います。

      401.jpg

   ≪作り方≫

   ごぼうをピューラーでおろす。
   すぐ水に放ちアク抜きをする。

   ごぼうを蒸す。

   水気を切り、適度な長さに切った水菜と合わせる。

   オリーブオイルドレッシングで和える。

   ≪できあがり♪≫

      402.jpg

   マヨネーズで和えているごぼうサラダも
   美味しいのですが、
   少し変わった食し方もよいと思います。

   すごく簡単ですので、
   ぜひお試しくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

プロフィール

okayamahonoka

Author:okayamahonoka
≪ランチカフェ穂の華≫
(ほのか)
岡山の西大寺で、
おうちカフェを始めました。
店内には、
手作り作品がたくさん♪
不定期に
ギャラリー展示をしています。

営業時間:11:30~15:00
   ランチタイム 14:00まで
  (オーダーストップ13:30)
水曜日のみ12時から。
定休日:日・祝・月・火
住所:岡山市東区西大寺南
    2丁目13-32-3
電話:070-5671-2869

店内に5卓ございますので、
ご予約いただければ
お席の確保をさせていただきます。
ご了承くださいませ。

ご来店くださいますお客さまは
電話にてご確認くださいませ。

月別アーカイブ

閲覧ありがとうございます

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。