topimage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   マカロン

   本日は、マカロンの教室を開催しておりました。
   その様子をご紹介していきたいと思います。

      394.jpg

   まずは、柄取りをして布を裁断していきます。

      395.jpg

   次に、中綿を裁断していきます。

      396.jpg

   型に合わせて、形を整えます。
   ここからが少し大変になります。

      397.jpg

   ジッパーの取り付けです。
   
      398.jpg

   中のフェルトを縫い付けます。
   小さなポケットを付けるものにしました。

      399.jpg

   チャームを付けて出来上がり♪
   
   3~4時間で完成します。

   今回は皆さまハート型を作られていました。   

      400.jpg

   布柄の取り具合で、
   様々なマカロンができ丸型もございます。

   500円玉サイズのものが
   入る大きさです。

   お薬や、ピアス、お好きなものを
   入れて持ち歩いてくださいませ。

   不定期ですが、
   マカロンの教室を開催していきたいと思っております。

   作ってみたいと思われる方は
   お日にちや詳細などお気軽にお問い合わせくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

スポンサーサイト

   キジさんたち


   店内にあります、
   キジさんたちを紹介していきたいと思います。

      392.jpg

   キジは、国鳥であり
   一万円紙幣裏面にも描かれています。

   防衛省情報本部のエンブレムはキジを意匠としていて
   桃太郎の話の中では情報収集に活躍したからだとのこと。

   「ケーン」と鳴くので
   「けんもほろろ」という言葉は、この鳴き声に由来しています。

   元号の「白雉」(はくち)は
   白いキジが捕獲されたことを瑞兆として制定されました。

   
   瑞兆=吉兆。よい知らせ。

   このようにキジは日本の野鳥として比較的知名度が高く
   万葉集で詠まれたりことわざにも用いられています。

      393.jpg

   そんなおめでたい野鳥を布で作ってみました。

   メスには冠羽がないので、
   3羽ともオスになります。

   ガラスケースの中
   オスばかりで縄張り争いしてないか
   少し心配になりました^^;

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      390.jpg

   ◎大根と水菜の一夜漬け
   ◎子持ちベカと酢タコの菜の花和え
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎大根のゆかりサラダ
   ◎山菜と切干大根の煮付け
   ◎春菊と蓮根と人参の豆腐ゴマ和え
   ◎車麩の味噌煮込み
    (南瓜としめじといんげん添え)
   ◎黒米のご飯
   ◎はんぺんとわかめのお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご了承くださいませ。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

   穂の華のお膳ランチには、
   黒米を提供させていただいております。
   
   黒米は糠にビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)
   リン・カルシウムなどのミネラルを含み
   摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれ
   白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つ。

   と、されております。

   黒米が苦手な方は、
   ご予約時にお申し付けくださいませ。
   白米をご用意させていただきます。

   毎日炊きたてをご提供させていただいておりますので、
   急な変更に対応しておりません。
   大変申し訳ありません。   

   ご理解いただけると幸いです。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      




   大根葉とこんにゃくの菜めし

   大根葉とこんにゃくの菜めしのレシピを
   紹介していきたいと思います。

      389.jpg

   ≪作り方≫

   大根の葉っぱをよく洗い、
   お湯から茹でる。

   水に放ち、よく洗う。

   水気をよく絞り、細かく刻んでおく。

   糸こんにゃくをサっと茹でておく。

   フライパンにごま油を温めたところへ
   葉っぱを入れて炒める。
   糸こんにゃくも投入する。

   顆粒だし、醤油で味付けします。

   いりゴマを入れて出来上がり♪

      388.jpg

   残った大根の端っこを入れて炒めたり、
   おアゲさんを入れても美味しいです。

   とても簡単ですので、
   葉っぱ付きの大根を見つけたら
   ぜひお試しくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   こべべさんたち


   店内にございます、
   こべべさんたちを紹介していきたいと思います。

      382.jpg

   お写真奥にございますのが、
   こべべさんです。

   小さいサイズのお着物で、
   衣桁(いこう)にかけられております。

      383.jpg

   夏のお着物で、絽(ろ)です。   

   着てこられたお着物をリサイズするのですが、
   模様の取り具合が難しいそうです。

      384.jpg

   こちらは、
   子どものお着物をこべべにしております。

   思い入れのあるお着物を手直しされて
   飾られている方もいらっしゃいます。

   残念ながら販売しておりませんが、
   手直しされる先生へ相談することが可能です。

   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      




   巳年さんたち


   店内にございます、
   巳年さんたちを紹介していきたいと思います。
 
      380.jpg

   張り子の巳さんです。

   かわいらしい笑顔で、
   お客さまをお出迎えしております。

   本物の巳さんも
   こんな風に可愛いといいです(~_~;)

      381.jpg

   こちらは、
   縫い物の巳さんです。

   体の部分も布なのですが、
   ウロコに見える生地になっております。

   12年間揃えていけるように
   毎年、毎月、毎日を頑張っていきたいと思います。

   今後ともご愛顧くださいますよう
   よろしくお願いいたします。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      


   

   今週のランチ

   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      379.jpg
   
   ◎白菜の塩麹漬け
   ◎切干大根とめかぶの酢の物
   ◎カレーキャベツ和え
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎じゃがいもと水菜のナムル
   ◎秋刀魚のしょうが煮
   ◎蓮根とひじきのサラダ
   ◎車麩の甘酢あんかけ
   ◎黒米のご飯
   ◎春菊のお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご理解いただけると幸いです。

   ご予約時にご相談いただけますと、
   対応させていただいております。
  
      378.jpg

   お気軽に申し付けくださいませ。

   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

         
   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      




   おひな展(7)


   3月まで催しております、
   おひな展を紹介していきたいと思います。

      376.jpg
   
   うさぎさんたちです。

   お着物のお色でお内裏様とお雛さまと
   分けておりますが、
   どの子も可愛いです。

   SETでの価格をお付けしておりますが、
   お好きな子を2体お選びいただけます。

      377.jpg

   お着物の袖の部分を作るのが
   とても難しいと聞きました。

   おひな展に展示されているお品物で
   お値段がついている子は
   販売しております。

   お気にいりの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   和暦(太陰太陽暦)の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)
   現在はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。
   しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、
   新暦4月3日に祝う。
   旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。

   この地域は4月3日に行うところが多いため
   穂の華でもその頃までの展示とさせていただきました。

   おひな展での個々のお写真も
   また載せていきたいと思っております。   

   
   週明け営業日は、
   お膳ランチの紹介をさせていただいておりますが
   私の不注意からデジカメの電池切れで
   撮影ができておりません。
   申し訳ありません。

   明日にはUPしますので、
   ご理解いただけると幸いです。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      





   つるし雛(8)

   つるし雛の紹介をしていきたいと思います。

      190.jpg

   長女の初節句に無病息災
   良縁を祈願して雛壇の両脇に細工を吊すもの。

   と、記されております。

   吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。
   その頃、特別裕福ではない一般のお家では
   雛人形はとても高価なもので
   なかなか手に入らないものでした。

   だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。
   だから、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちまで、
   みんなで少しずつ小さな人形をつくり
   持ち寄って「つるし雛」が作られ始めました。

   みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「つるしびな」
   赤ちゃんの大事なお守りとして、とても大切にされました。

   
   その飾りのひとつひとつには意味があります。

      374.jpg

   燕(つばめ)です。
   縁起物。
   
      373.jpg

   農作物の天敵である
   害虫を食べるツバメは昔からありがたい存在で
   「ツバメは縁起のよい鳥」「燕が来る家は栄える」
   などといわれました。

      375.jpg

   這い子人形(はいこにんぎょう)です。

   赤ちゃんが「はいはい」している姿のお人形。
   「はいはい」をたくさんして
   元気に、丈夫に育ちますように
   との意味が込められております。

   また、
   つるしの漢字表記「吊るし」は、
   縁起物には不適当なため推奨されない。

   飾りの数は3・5・7・9などの奇数で組み上げられ
   この理由は縁起物であるため
   割り切れる数字(偶数)を避けてのことです。

   いろいろな意味を持つつるし雛です。

   また、紹介していきたいと思っております。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      


theme : ハンドメイド雑貨*イベント*
genre : 趣味・実用

   ふわとろ豆腐


   ふわとろ豆腐のレシピを紹介していきたいと思います。

      372.jpg

   ≪作り方≫

   絹ごし豆腐に重しを乗せて水切りをしておく。

   干ししいたけを水で戻しておいたものを細かく刻む。

   にんじん、枝豆、干ししいたけを薄味で味付け煮しておく。

   お豆腐と味付け煮したものを合わせる。

   出汁、しょうゆ、砂糖、みりん、卵白を加える。

   お豆腐の形が少し残るくらいがベストです。

   ラップで包み、まん丸にします。

   レンジで1~2分チンします。

   ≪あんを作ります≫

   卵黄、出汁、しょうゆ、片栗粉を
   耐熱容器に入れて
   途中かき混ぜながらレンジで30~40秒チンします。

   まん丸お豆腐にあんをかけて出来上がり☆

      372.jpg

   フライパンを使わず、レンジで出来ますので
   一品食卓にどうでしょうか^^

   お豆腐の優しいお味がします。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   ティシューカバーさん


   店内にございます、
   ティシューカバーを紹介していきたいと思います。

      371.jpg

   引き出し口のところに別の裏布を使用しておりますので
   いろいろな表情になっております。

   丁寧に芯を貼り、ミシンがけをしているので
   しっかりしております。

   ボタンでの開閉になります。

   置き型タイプと縦に吊るすタイプとございます。

   テッシュおひとつ付きでの販売価格となります。

   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   

   おひな展(6)


   3月まで催しております、
   おひな展を紹介していきたいと思います。

      360.jpg

   昔のお雛さまで、
   知り合いの方から譲り受けました。

      361.jpg

   小道具まできちんと揃っているものは
   珍しいらしいです。

      362.jpg

   髪の毛はすべてボウボウでした。
   その時のお写真を撮ればよかったと
   後悔しております。
 
      363.jpg

   手直しをすれば
   現在も他のお雛さまに見劣りしないくらい
   立派です。
   年輪を感じてしまいますね^^

      364.jpg

   こちらは巾着雛です。

      366.jpg

   ひとりひとり丁寧に作られています。
   
      365.jpg       

   おひな展に展示されているお品物で
   お値段がついている子は
   販売しております。

   お気にいりの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   和暦(太陰太陽暦)の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)
   現在はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。
   しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、
   新暦4月3日に祝う。
   旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。

   この地域は4月3日に行うところが多いため
   穂の華でもその頃までの展示とさせていただきました。

   おひな展での個々のお写真も
   また載せていきたいと思っております。   

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      




   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      359.jpg

   ◎キャベツのレモン漬け
   ◎タコのカルパッチョ
   ◎子持ちベカ
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎卯の花サラダ
   ◎こんにゃく、大根のゆず味噌焼き
   ◎南瓜の蒸し煮
   ◎蓮根の挟み天麩羅
   ◎車麩のフライ
   ◎黒米のご飯
   ◎ぶなしめじのお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご理解いただけると幸いです。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

         
   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      



   かいまき人形さん


   店内にございます、
   かいまき人形さんを紹介していきたいと思います。

      356.jpg

   右上に飾られております、
   はいはい人形さんは以前に紹介させていただきましたが
   
      357.jpg

   お友達が増えました。

      358.jpg

   かいまき人形さんです。

   なぜ?かいまきというのか。。。

   お布団の形が着物型で、
   肩が冷えないようにしています。
   
   お布団に綿が入っているのを
   「かいまき」というそうです。

   フカフカのお布団に包まれて
   幸せそうに笑っています。

   お値段が付いているお品物は販売しております。
   お気に入りの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけください。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   大根の佃煮


   大根の佃煮のレシピを紹介していきたいと思います。

      354.jpg

   ≪作り方≫
   
   大根をいちょう切りにし、
   軽く塩をして1晩寝かせる。

   翌日、
   大根の水気をよく絞る。

   鍋に
   濃い口しょうゆ・出汁しょうゆ・砂糖・お酢
   しょうがの千切り多めを煮立てる。

   中に大根を入れる。

   5分ほど、炒め煮る。

   出汁と大根を分ける。

   大根は冷ます。

   残った汁を半分量まで煮詰める。

   荒熱を取る。

   どちらも冷まして合わせる。


   種抜き梅干を叩き入れる。
   いりごまをたっぷりふり入れる。

   ≪できあがり♪≫

      355.jpg

   大根のお漬物とは違う食感と味になります。

   佃煮とご飯だけで何杯も食べれちゃう^^*

   この時期大根がたくさん採れるので
   お安く作れる一品です。

   作ってみてはいかがでしょうか◎

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   お雛さま〈教室〉

   店内で教室を催すことになりました。
   その様子を紹介していきたいと思います。

      343.jpg

   こちらのお雛さまを半日で仕上げます。

      344.jpg

   皆さま、真剣に作っておられます。

      345.jpg

   始めに顔と土台を作成します。
   ここで出来上がりが変わってくるそうです。

      346.jpg

   様々な土台が仕上がっています。

      347.jpg

   たくさんの布の中から
   襟元を決めていきます。

      348.jpg

   色合いは自身の好みですが、
   引き締まる組み合わせがあるそうです。

      349.jpg

   衣を着せていきます。
   
      350.jpg

   王冠を付けて、出来上がり♪

      351.jpg

   ここまでの作業で約3時間ほどです。

      352.jpg

   立ち雛の完成です。
   
   このような教室をまた開催していきたいと思っております。
   詳細が決まりましたら
   ブログにも載せていきます。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   おひな展(5)


   3月まで催しております、
   おひな展を紹介していきたいと思います。

      342.jpg

   しだれ竹の中に椿のお花を咲かせてみました。
   
      335.jpg
   
   椿は、  
   葉のエキスが止血薬になり
   特に朝廷では毒消し(悪魔祓い)として祭事が行われた。
   
   江戸時代には江戸の将軍や
   肥後加賀などの大名
   京都の公家などが園芸を好んだことから、
   庶民の間でも大いに流行し、たくさんの品種が作られた。

   冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから
   「茶花の女王」の異名を持つ。

      334.jpg

   普段、歩いていて見かける
   椿の葉に効能や
   椿のお花の存在がこんなに大きいものだと知りませんでした。

   布で作られたお花が他にもありますので、
   また紹介していけたらと思います。
    
   おひな展に展示されているお品物で
   お値段がついている子は
   販売しております。

   お気にいりの子が見つかりましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   和暦(太陰太陽暦)の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)
   現在はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。
   しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、
   新暦4月3日に祝う。
   旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。

   この地域は4月3日に行うところが多いため
   穂の華でもその頃までの展示とさせていただきました。

   おひな展での個々のお写真も
   また載せていきたいと思っております。   

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      



   今週のランチ


   今週のランチのメニューを紹介していきたいと思います。
   
      341.jpg

   ◎白菜の塩麹漬け
   ◎タコのカルパッチョ
   ◎ごぼうのサラダ
   ◎エビの茶碗蒸し
   ◎里芋、人参、大根のゆず味噌焼き
   ◎野菜の南蛮漬け
   ◎お豆腐とお豆さんのコロッケ
    (柑橘ポン酢添え)
   ◎車麩のフライ
   ◎黒米のご飯
   ◎鞠麩のお吸い物
         
   週の途中にも
   メニューの変更がございます。

   ご理解いただけると幸いです。


   200円プラスで
   デザートをお付けしております。

      257.jpg

   りんごのケーキと黒豆茶のジュレ
   
   ジャム、コンポート、果実
   3仕様のりんごが入っております。   

   他にもレーズン、カスタード
   上にはアーモンドを乗せて焼いております。 
  
   ジュレは、
   黒豆のお茶をじっくり煮出してから
   色をよく出しジュレにしております。

   お膳ランチをお召し上がり後、
   お腹に余裕がございましたら
   ご賞味いただけたらと思います。

         
   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      



   お椀うさぎさん


   店内にございます、
   お椀うさぎさんを紹介していきたいと思います。

      340.jpg

   お椀の中のぷっくり布に
   包まれております。

   顔だけ出しているのが可愛いですね♪

      339.jpg

   このように飾られております。

   おひとつで飾り付けるのも
   よいですし、

      338.jpg

   このように飾るのもよいですね^^b

   お気に召しましたら
   お気軽にお声かけくださいませ。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

   ワカメと菜の花のサラダ


   ワカメと菜の花のサラダのレシピを
   紹介していきたいと思います。

      333.jpg

   〈作り方〉

   ワカメを戻す。
 
   菜の花を茹でる。

   どちらも水気を絞っておく。

   〈ドレッシング〉   

   カシューナッツを半分量荒く砕く。

   半分はすり鉢で擦る。   

   オリーブオイル・お酢・砂糖
   塩・こしょう

   すべてを合わせて

   出来上がり♪

      333.jpg

   とっても簡単なので、
   ぜひ作ってみてください。

   最後まで閲覧いただきまして
   ありがとうございます。

   ブログランキングへポチお願いいたします。

      
      
      

      

プロフィール

okayamahonoka

Author:okayamahonoka
≪ランチカフェ穂の華≫
(ほのか)
岡山の西大寺で、
おうちカフェを始めました。
店内には、
手作り作品がたくさん♪
不定期に
ギャラリー展示をしています。

営業時間:11:30~15:00
   ランチタイム 14:00まで
  (オーダーストップ13:30)
水曜日のみ12時から。
定休日:日・祝・月・火
住所:岡山市東区西大寺南
    2丁目13-32-3
電話:070-5671-2869

店内に5卓ございますので、
ご予約いただければ
お席の確保をさせていただきます。
ご了承くださいませ。

ご来店くださいますお客さまは
電話にてご確認くださいませ。

月別アーカイブ

閲覧ありがとうございます

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。